妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく

お年玉は子供にお金の勉強をするいい機会

子供を持つ親としては年始はお金の出入りが激しくなります。まず自分の子供にお年玉をあげることになります。親戚などの家に行けば親戚の子供たちに渡さなければいけません。子供の手前あまり少ない金額は渡せませんから出費も多くなります。渡せばその分子供も親戚の親から受け取ります。家計のことを考えればプラスマイナスゼロから少しオーバーすることもあります。

子供が小さいころはそのまま親が預かってマイナス分の埋め合わせをすることがあります。しかし小学生の中学年、高学年となってくるともらったお金の意味もわかってきます。このようなときこそどのように使っていくかを教えるいい機会になることがあります。もちろん最初はわかりませんから親がしっかり管理をしながら使わせるようにします。大金を子供の自由に使わせるのはよくありません。

ある方法として子供NISAと呼ばれる口座を利用させることが挙げられています。これはNISA制度の新しい仕組みで一定年齢以下の子供が開設できる口座です。といっても子供が自由に投資ができるわけではなく、一旦投資をすると一定年齢まで解約が出来ないなどの制限があります。うまく投資のことを勉強させることができれば、将来につなげることができるでしょう。

Copyright (C)2017妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく.All rights reserved.