妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく

教育資金のお金は流用できないようにする

お金をためようとするときに便利なのが銀行預金です。普通預金から定期預金までいろいろな種類があります。すぐに使えるのが普通預金で、一定期間使わないなら金利の高い定期預金に預けます。定期預金は中途解約は出来ませんが解約をしても元本割れになることはありません。いろいろな目的のためにお金をためようとするときにためて置く人もいるでしょう。

教育資金をためるときにももちろん利用することがあります。しかし注意しないといけないのは別の目的で流用してしまわないかどうかです。せっかく貯めたものを急に必要になったからと使ってしまっては将来のためになりません。いざ使うときには先の目的よりも今の目的を優先してしまうことがあります。重要性は低くても今の目的で使ってしまうことがあります。

解約がしにくい教育資金の預け先としてあるのが学資保険です。保険とついているだけあって保険の性質があります。でも商品によっては保険の性質を極力少なくして貯蓄性能を高められる場合があります。定期預金に比べると利回りをよくできる事もあるので検討してみるといいかも知れません。出産前から準備をし始めることができるのもいい点です。子供の年齢によって加入できないことがあります。

Copyright (C)2017妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく.All rights reserved.