妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく

子供の生活のお金は何歳まで必要か

親は子供を養育する義務があります。ではいつまでしなければいけないでしょうか。第一の目安が義務教育を終える中卒時です。今は高卒が一般的になっているので高卒時にする事もあります。20歳は法律上は成人と見なされますが大学に通っていればまだ学生です。大学を卒業すれば社会人になってくれますから一応は養育義務を離れられそうな気がします。

しかし今の就職状況を見ると簡単ではないことがわかります。かつては大学を卒業すればほぼ就職が出来たとされています。でも今は就職が難しくなっています。大学を卒業したにも関わらず就職先が決まらずにしばらく就職活動を続けることがあります。一人暮らしにしろ同居で生活するにしろそのときにはお金のサポートをする必要がでてきそうです。

もちろん就職をしていないから必ずサポートが必要なわけではありません。アルバイトをするなどして生活をしている人もいます。甘やかし過ぎないようにすることも大事です。節目節目でしっかりと話をすることが必要になるでしょう。高校から大学に行くときにきちんと目的を決めさせたり、大学生活の中でアルバイトの必要性を話したりすることもあります。子供に任せきりではいけません。

  • 銀行より両替の手数料が安くなります。外貨両替のことならこちら。

Copyright (C)2017妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく.All rights reserved.