妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく

給料の何割のお金で住むかを考える

一人暮らしをする年齢は人によって異なります。大学に入学するときもあるでしょうし社会人になってからの事もあります。大学で一人暮らしをしていて社会人になって住み替えないといけないことがあります。学生専用マンションなどに住んでいるとそのまま住むことができません。学生専用だとリーズナブルに住める事もあるので社会人になって賃料がアップする事もあります。

では給料の何割ぐらいのお金のところに住むのが一般的になるかです。これは人によって異なりますから必ずこの割合が正しいわけではありません。ある会社の社長は社長になってからもワンルームで生活しているといわれています。それで落ち着くならそれでも間違いではありません。社会人になりたての場合は給料の3割ぐらいが適当な金額になるかもしれません。

もちろんこの割合より少ない金額でもいいでしょうし高くても問題はありません。ただし高いときはその他で生活を切り詰める必要があります。食費や水道光熱費などを減らす必要がでてきます。毎日のこまごまとした部分で気を使わないといけないので大変な部分もあります。バイタリティーがある人なら高いところに住みたいからと仕事をがんばる意欲につなげる事もあります。

Copyright (C)2017妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく.All rights reserved.