妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく

お金のために固定金利を選ぶか変動金利を選ぶか

銀行は企業や人にお金を貸すことで儲けを得ます。ではいくらで貸すかですがこのときには仕入れの金利が重要になります。その基本となるのが中央銀行の金利になります。その金利よりも高い金利をつければ利益を得ることができます。日本は長らくゼロ金利になっていますが、世界の中央銀行は金利を上げ下げして各銀行の金利をコントロールしています。

このことから考えると基本的には金利は変動します。景気がよくなるとどんどん上がり、悪くなると下がるのが一般的です。お金を利用するとき、預ける場合も借りる場合も金利が影響してきますがこのときにもどのように金利が変化するかがポイントになってきます。かつては固定金利が一般的でしたが最近は変動金利の商品も多くなっています。

固定金利は最初に契約した金利で満期まで適用され、変動金利は定期的に見直されます。固定金利と変動金利はある時点を見ると変動金利の方が下になります。しかし将来的にどのようになるかわかりません。将来インフレが来ると予測するとき、借りるなら固定がいいですし預けるなら変動です。このままゼロ金利政策が取られ続けると考えるなら変動で安く借りて利率のいい固定で預ける方法を取っていきます。

Copyright (C)2017妊娠と出産でかかるお金と給付を知っておく.All rights reserved.